マシュマロほっぺの日記

<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

『甘い人生』フォト・ギャラリーbyマシュマロ

hcabdih
美しき・・イビョンホン。
人気blogランキングへ
甘い人生 | permalink | comments(9) | trackbacks(0)

『甘い人生』ソヌの魅力

甘い人生 特別日本版
甘い人生 特別日本版

・・・・好きな人のことは理解したくなる。そういうもの。

この映画について深く考える。

いろんな人のコメントなどを読むと、悩む、むずかしい、というのがよく目につく。

所詮、女に男の理論なんかわからないもの。そう思う。

わかるのは、ただひとつだけ。


いい男だなぁ!ラブ


なんだろう・・。悪い奴なのに。


ためらいもなく人を始末するのに、自分がやられると、むかついて切れる。

『愛する』という感情が理解できない、ロボットみたいな人物。



イ・ビョンホンの今までの役、例えばドラマなんかは、子供時代から始まるから、とーっても分かりやすいし、

映画はそこまで人物の生い立ちまで探ることはできないけど、

でも、こんな人なのかな、って想像はつく。


でも、このソヌに関しては、どんな環境でどんな風に育って、こんな風な生活をしているのかも見えない。


いったい、何に魅かれるのだろう・・・。



でも、私はこの映画を、深く考えたりしない。


感じるだけ。


『スタイリシュでビジュアルが美しく、アクションの切れのよさ。


ブラックユーモアがあり、


そして何より、ソヌの動作、しぐさ、表情が、魅力的。』


それだけそろえば、十分ではないだろうか。


人気blogランキングへ

料理ブログの方で『マシッソヨ韓国料理』の記事かいてます。日韓友情年イベントで、『美しき日々』の『zero』のライブが、あった事を書いてます。→こちら
甘い人生 | permalink | comments(1) | trackbacks(1)

『甘い人生』

甘い人生 通常版
甘い人生 通常版

仕事休めなくて映画館にもついに行けず、レンタルスタートしても、なかなか借りにも行けなくて。

でも、昨日久々TSUTAYAいって来ました。

いろいろ新作増えてるなぁ。

甘い人生』あった、あった。TSUTAYAは、本数あるから空振りしなくていい。

他に、『ひとまず走れ!』も借りた。

こっちは、7泊8日だから後。



・・・で、感想。


悲しいときめき良かったです。


ビョンホンシの魅力でてました。ときめき

隣で観ていた夫が、「頭やばいぞ!」「ズラっぽい」とか

うるさかったけど、

残虐シーンとか、一人で観るの怖かったので。

でもやっぱり、一人でうっとりときめきしながら観れば良かった。

皆様の書き込みほど怖くなかったです。だた、あのロシアの密売人から買った銃の威力がすごくで、頭吹っ飛んじゃったりしたのは、気持ち悪かったけど。

でも、ビョンホンシの魅力が勝ってました。

ビョンホンシの作り上げる人物像は、作品ごとに別の顔だけど、それぞれの魅力が最大限にでています。



問題視される暴力シーンについてですが、


やはり女性は、子供を産んだりするので、『生、創造』の生き物。

男性的な『破壊、争い』を理解するのは、困難です。


『甘い人生』を見終わり、たまたま、まわしたチャンネルに、北野武が『TAKESI´S』の宣伝に出ていていました。


監督として出演する時の北野武は、いつも、白シャツに黒のスーツで、

なんだか、ソヌとオーバーラップします。


北野監督は、北野映画の暴力性に関して質問された時、こう答えていました。


「暴力と、愛は、全く裏表にあるが、それを振り子の例えると、暴力へ大きく振れた分、逆にあるのは、大きな愛」




「同じように、死と生はやはり背中合わせにあり同じもの」




「人を殺してしまった人間は、最後には自分も死ななくちゃいけない。ハリウッド映画みたいに、(ダイハードのことを例にだしてたけど)一人の女を助けるために、あんなにいっぱい人を殺しておいて、最後に、良かったねーなんて言って、抱き合ってチューしてるの、おかしい。」


そんなことを、言ってました。



『甘い人生』も北野武監督の言葉を持って、完成品なのかなぁ、と感じました。



この賛否両論の『takesi´s』


他の番組でも北野監督こう言ってました。


「これは、北野映画を壊す作品。」

新しいものを産み出すには、既成するものは破壊しない実現できないという意味だと思う。


イ・ビョンホンや、キム・ジウン監督など、

北野作品に影響された、若い後輩達をみて、


常に、先駆者は、同じところにとどまっていてはいけない。


常に、一歩前に、次のものを表現していかなくてはならない

、という意味だと、私は理解しています。


北野監督、次の作品は、自分の原点、

どうやって、自分達の世代ができあがったか、

子供時代みたいな物を撮るって言ってますよね。


また、映画界の後輩達に影響を与えるんでしょうか・・。


ランキング


うちの晩ご飯載せてます。→もうひとつのブログみてね。
甘い人生 | permalink | comments(12) | trackbacks(4)

イ・ビョンホンのスーツ

ラブソヌ今日の話題は、『甘い人生』dayですね銃ソヌの血みどろスーツ、人気が集まれば、オークションにかけられるとのこと。
←これは、新宿・伊勢丹の写真展ので、血みどろでは、ありませんが。もし、自分の手に入れられるとしても、血は付いていないほうがいいなぁ。(手に入れられるわけ無いんだけどしょんぼり)

ガラスをぶちやぶいて、!?ほっぺですりすり、したかったけど、間近で見た印象は、
「小さいなぁ。」
うちの夫は180cm近くあって、いつも、ドでかい服ばかり見てるせいかなぁ・・と思いましたが、近くでビョンホンシを見た人の印象で、よく聞きますよね。
でも、いいんです。スクリーンの中で生きている人ですから。
どうせ、私達には、スクリーンの中でしか縁の無い人ですから。


今日は、『甘い人生』DVD発売日。

2s
でも、我が家には、さっきこれが届きました。
今、子供がDVDでアニメ観てるので、後で、・・・。
あーラブ幸せときめき
感想は、また書きます。
ランキング
甘い人生 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)