マシュマロほっぺの日記

<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< ビョンホンシのキスシーン | main | もしも、ビョンホンシが・・ >>

ビョンホン・○○シーンについて

昨日の、ビョンホンシ、kissシーンネタの続き・・・。

お上手な、ベッドシーン抱擁について。


韓国ドラマは、規制が多くて、(今現在は少しは変わったかも)キスシーンでも舌が見えちゃったらNGらしい。

それを考えると、『美しき日々』のビョンホンシのキスシーンは、2001年では、やっぱり濃厚。『もうひとつの美しき日々』の中でも、作家のユン・ソンヒさんが、友達から「官能作家と冷やかされた。」と書いている。

美しい彼女』では、まだカメラアングルをずらして撮ったりしてるよね。



・・で、本題の『ベットシーン』

韓国では、公共の電波で、結婚前の男女が、そーんなことしてます。なぁんてことは、流せないから、『イ・ジャンス監督』なんかは、やっぱりそういったお楽しみシーンは撮りたいみたいで、すぐ結婚させちゃうよね。

それでも、ドラマでは、盛り上がった所で、続きは、みな様のご想像に・・みたいな感じで終わり。(それが、逆に妄想膨らんでラブなのかもしれないけど汗)

けれども、映画は、その規制が違うみたいで、「水を得た魚のように!?」いきなりすごく過激な性描写!

韓流ブームが起きて、奥様達が最初にこぞっって映画館に足を運んだのが


誰にでも秘密がある』だよね。


あの、清らかなビョン様とジウ姫が、あーんなこと・・びっくり
っと奥様達は目をパチクリさせたと思う。

個人的に私は嫌いじゃないです。

あの映画いろいろと悪く言われますが・・、台詞ほどエッチじゃないです。
撮ってるシーンは。さわやかに笑い飛ばそうという感じですか。


ただ『』がないので見てる奥様達は、不完全燃焼ではありませんでしたか!?やっぱり、運命にに引き裂かれた二人がもだえんばかりにお互いを求め・・・みたいな、そんなん求めてません!?奥様たちは。・・私だけ!?


それでいうと、『純愛中毒


・・でもあれは、あれで、必要なの!?

あーんな、話の、ど真ん中に、あーんな、ながーいベッドシーン。

話の流れで必要なの!?

子供ができちゃうっていう流れで!?

いや!

違う。

あれは、ビヨンホンシからファンへの

サービスプレゼントプレゼントに違いない。

・・・でも、イ・ミヨンさんの魅力がよくわからないので、いまいちそこまで感情移入できませんでした。汗(ミヨンさん韓国で有名女優で二人の演技が最高に熟した作品といわれていますが。そういえばグォン・サンウ『同い年の家庭教師』の中でもイ・ミヨンさんの名前でできますね。)


あとは、ビョンホンシ映画の中で

もっとも過激な性描写といわれる

彼らだけの世界

・・・・・。

あれは、若さということで、


若さだけで、つっぱしったぜー!!

って感じです。

でも、この映画も、

ちまたでいわれるほど、悪くはないです。

描きたいメッセージは少しわかります。

でも、ビョンホンシの良さが現せてないのと(役があってない)

作品力が弱いかな。

でも、これから、という韓国映画の内なるエネルギーは感じられるかな。


ビョンホンシの次の作品どんなかな。

やっぱりラブストーリーがいいな。

私個人では、実は『バンジージャンプする』のテヒではなくて、

あの影の薄い奥様に、求めるシーンがよかったんです。ときめき

かわいそうじゃん!なんで、あんなに拒んじゃうの?夫なのに。

へーんなの。


ランキング
イ・ビョンホン | permalink | comments(0) | trackbacks(3)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://masyumaro.jugem.jp/trackback/79
この記事に対するトラックバック
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | - | 2006/07/09 10:53 PM
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | - | 2006/07/10 8:43 PM
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | - | 2006/07/12 10:35 PM