マシュマロほっぺの日記

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< ビョンホン○○シーン続き・・ | main | 『甘い人生』ソヌの魅力 >>

『甘い人生』

甘い人生 通常版
甘い人生 通常版

仕事休めなくて映画館にもついに行けず、レンタルスタートしても、なかなか借りにも行けなくて。

でも、昨日久々TSUTAYAいって来ました。

いろいろ新作増えてるなぁ。

甘い人生』あった、あった。TSUTAYAは、本数あるから空振りしなくていい。

他に、『ひとまず走れ!』も借りた。

こっちは、7泊8日だから後。



・・・で、感想。


悲しいときめき良かったです。


ビョンホンシの魅力でてました。ときめき

隣で観ていた夫が、「頭やばいぞ!」「ズラっぽい」とか

うるさかったけど、

残虐シーンとか、一人で観るの怖かったので。

でもやっぱり、一人でうっとりときめきしながら観れば良かった。

皆様の書き込みほど怖くなかったです。だた、あのロシアの密売人から買った銃の威力がすごくで、頭吹っ飛んじゃったりしたのは、気持ち悪かったけど。

でも、ビョンホンシの魅力が勝ってました。

ビョンホンシの作り上げる人物像は、作品ごとに別の顔だけど、それぞれの魅力が最大限にでています。



問題視される暴力シーンについてですが、


やはり女性は、子供を産んだりするので、『生、創造』の生き物。

男性的な『破壊、争い』を理解するのは、困難です。


『甘い人生』を見終わり、たまたま、まわしたチャンネルに、北野武が『TAKESI´S』の宣伝に出ていていました。


監督として出演する時の北野武は、いつも、白シャツに黒のスーツで、

なんだか、ソヌとオーバーラップします。


北野監督は、北野映画の暴力性に関して質問された時、こう答えていました。


「暴力と、愛は、全く裏表にあるが、それを振り子の例えると、暴力へ大きく振れた分、逆にあるのは、大きな愛」




「同じように、死と生はやはり背中合わせにあり同じもの」




「人を殺してしまった人間は、最後には自分も死ななくちゃいけない。ハリウッド映画みたいに、(ダイハードのことを例にだしてたけど)一人の女を助けるために、あんなにいっぱい人を殺しておいて、最後に、良かったねーなんて言って、抱き合ってチューしてるの、おかしい。」


そんなことを、言ってました。



『甘い人生』も北野武監督の言葉を持って、完成品なのかなぁ、と感じました。



この賛否両論の『takesi´s』


他の番組でも北野監督こう言ってました。


「これは、北野映画を壊す作品。」

新しいものを産み出すには、既成するものは破壊しない実現できないという意味だと思う。


イ・ビョンホンや、キム・ジウン監督など、

北野作品に影響された、若い後輩達をみて、


常に、先駆者は、同じところにとどまっていてはいけない。


常に、一歩前に、次のものを表現していかなくてはならない

、という意味だと、私は理解しています。


北野監督、次の作品は、自分の原点、

どうやって、自分達の世代ができあがったか、

子供時代みたいな物を撮るって言ってますよね。


また、映画界の後輩達に影響を与えるんでしょうか・・。


ランキング


うちの晩ご飯載せてます。→もうひとつのブログみてね。
甘い人生 | permalink | comments(12) | trackbacks(4)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

こんにちは! TBありがとうございます。
こちらからも折り返しさせていただきました
ハリウッド映画のこと....同感です。
この映画 みてスグの時って...??だったのですが、
あとから残像がのこるというか...
イビョンホンさん かっこよかったです。
また、たちよります
じゅん | 2005/11/12 2:18 PM
こんばんは。甘い人生ご覧になったんですね。
何はともあれビョンホンシーやっぱり素敵ですよね〜♪
TBで頂いたキスシーンも素敵でした!
じょんちん | 2005/11/12 10:02 PM
マシュマロさん、はじめまして!
TBありがとうございました
ビョンホンさんの演技は圧巻でしたよね
旦那さんの率直なコメント、ウケました〜
私は『甘い人生』DVD完全版(←オススメ!)を
買ってしまうほどハマってます(*^^)
am | 2005/11/13 10:04 AM
マシュマロさん、こんばんは。
ねえねえ?今日のわたしん家、UPしたの見ました?
どうして、12日にコメントしたのかしら??
ごめんね!変な事聞いて。。。
gooのコメントすぐ飛んじゃうのよね〜〜〜!!
私も他で、何度も飛ばしました。(#^.^#)
めげずに、何度も送信したりして。。。へへへ(^v^)
ボケ | 2005/11/13 8:19 PM
ボケさん、いらっしゃい。
もっちろん、『N』のポスター羨望の眼差しでみましたよん。ボケさん、くじ運良すぎです。
12日にコメントいれたのは、婚約記事昨日読まなかったので、絶句して、速攻コメントいれたからです。
もういいお年なんで、しないのも心配なんだけど、いきなりだと心の準備が、・・。ファンクラブも立ち上げたばかりだし、今はタイミング悪い気がするけど。主婦ファンが多いから、結婚したらファンやめるって人は少ないと思うけど。
ヘギョsのケースも難しかったみたいだし。相手が女優じゃ無い方が、問題はなさそうだけど・・・。でも、なんだか、さみしいよん。
マシュマロ | 2005/11/13 10:55 PM
マシュマロさん、見てくれて有難う。
Mr.Nはまさか、当たるとは思わなかったんだ!!
当の本人すっごく驚きでした。
主人は、当たるんだったら。。。10万円・・・
なんていってました。ハハハ(^O^)
私は、そんな〜〜!!これがいいの!!(#^.^#)
と、喜びまくりでした。
主婦としては、結婚して、落ち着くとまた、違ったビョンホンシが見れると、期待しているのです。
キム監督は早く年を取れ、と言ってました。
そうね、人間がまた色濃く仕上がると言うか。。。
俳優として、いい男になると言ってました。
まさに、そう思います。(^^♪
ボケ | 2005/11/13 11:14 PM
返TB&コメント、ありがとうございました!
私はまだ数本しかビョンホンの作品を観ていませんが、本作は“彼の為の映画”って感じで、結構気に入っています(^^♪
honu | 2005/11/21 7:55 PM
TBありがとうございました。
ちょっと前にして頂いていたのですが、今日、やっとお邪魔しました。
素敵なお部屋ですね。
最近、あちこちでお名前をお見かけするマシュマロさんだと気がつかず、お邪魔するまで、映画関連のブログの方かと思っていました。
私も、これからTBさせて頂きますね。
peko | 2005/11/26 3:11 PM
yooooy
hotel metropolis | 2006/03/15 1:49 AM
i love u
free fun online play poker | 2006/03/18 5:40 PM
i like this site
shila olsa
diet ephedra loss pill weight | 2006/03/20 1:53 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://masyumaro.jugem.jp/trackback/83
この記事に対するトラックバック
映画『甘い人生』イビョンホンさん主演映画.....この映画韓国ではR−18指定を受けていて、事前情報として、バイオレンスシーン一部のカットはされている?と風のウワサで聞いておりました。チラシには究極のラブストーリーと書いてありますが...※私の鑑賞した劇場で
『甘い人生』みましたぁ! | 韓ドラのたまり場 | 2005/11/12 12:18 PM
『甘い人生』公式サイト:http://www.amaijinsei.com/公式サイト(韓国):http://www.bitter-sweet.co.kr/ 原題:a Bittersweet Life製作:2005年韓国監督・脚本:キム・ジウン出演:イ・ビョンホン/キム・ヨンチョル/シン・ミナ/キム・レハ/ファン・ジョンミン
イ・ビョンホン 『甘い人生 / A Bittersweet Life』 | honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜 | 2005/11/20 7:09 PM
ポニーキャニオン甘い人生 完全版 DVD-BOX (初回限定生産) ポニーキャニオン甘い人生 特別日本版  かなりすごい映画でした。 「イ・ビョンホン主演の韓国裏社会を描いたアクション作品」とだけでは言い表せない、1人の男の儚(はかな)く、一瞬の
映画「甘い人生」 | ある在日コリアンの位牌 | 2005/11/25 6:28 PM
※ビョンホンシのブログにあった、ファンへのメッセージを訳してみました。 このページの最後に載せていますので、ご覧になりたい方は、続きをクリックしてください。 j101hanさんより、誤りを指摘して頂きましたので、一部訂正しました。  今日、「甘い人生」を
a Bittersweet life 2度目観てきました。 | RGBとCMYの不思議な関係 | 2005/11/26 3:12 PM